GRACO グレコ ジュニアシート ジュニアプラス メトロポリタンGR 67170 購入レビュー。

以前から思っていたのですが、チャイルドシートって固定してしまうと外したり付けたりが意外と面倒だったりしますよね。そんな事情もありチャイルドシートをジュニアシート(座面だけのシート)に早く交換したいなーと思っていたのですが、子供の成長に合わせないと意味ないですからね。

そんなこんなで息子も大きくなり、選んだのがグレコのジュニアシート、ジュニアプラス メトロポリタンGR 67170です。

スポンサーリンク

長く使えるのが重要です。

最初は座面だけの物で良いかなーと思ってましたが、インターネットさんで色々調べると、移動中に子供が寝てしまうと座面だけでは首が支えられないとの情報が多数見られたので、背もたれ付で尚且つ、将来的に座面だけの使用も可能なメトロポリタンGRにしました。

もちろんロングユース対応で12歳頃まで使用可能。

・厳しい欧州安全基準適合品

・衝突時の飛び出しを防ぎ、頭を保護するサイド・インパクト

・プロテクション採用

・ヘッドサポート部は、衝突を吸収するEPSフォームを採用

・6段階高さ調節のヘッドサポート

・リクライニング調節可能

・2段階高さ調節の肘掛け

・背もたれは取り外し可能 ・飲物を入れられる収納式カップホルダー付き

・ウォッシャブルシート

調べていると、カラーバリエーションも豊富にあり、ベビーザらス、トイザらス限定モデルや西松屋限定モデル、バースデイ限定モデル等、それぞれ生地のデザインやカラーが違う物がありますが、値段的にはどれもリーズナブルな価格設定かと思われます。

ちなみに自分はアマゾンさんで購入しました。アマゾンポイントも15%付いてくるのでお得感ありです。

アマゾンさんから送られてきた箱は思っていたより小さめ。

箱を開けてみるとバラバラなんですね。

まずは背もたれ部分を組み立てます。ヘッドレスト側のベロを差し込んでいきます。

組み立てたら後ろのゴムひもを留めます。カバーのズレ防止です。

座面の方はアームレストの高さが2段階に調整できます。写真は低い設定ですが、ビスを取って押しながら引き上げると高い設定にできます。

座面と背もたれを組み立てて完成です。組み立てる際は座面に対して90度逆に倒して差し込む感じです。一定の角度以上にリクライニングはしない様に固定されてますが、装着するシートの背もたれの角度に合う感じになってるので、リクライニングの調整は可能です。

ドリンクホルダーはスゴイ便利機能だと思います。今迄のチャイルドシートには無かったですし、左右どちらも対応可能で収納までできるんですから息子も喜んでおりました。

100系ハイエースワゴンの運転席の後ろに装着するとこんな感じです。チャイルドシートはシートベルトでシートを固定してチャイルドシート側のベルトを子供がしていましたが、このジュニアシートは大人が使うシートベルトを使用してシートも体も同時に固定されるシートなので、子供が乗っていない時は写真の様にシートベルトで固定しておくか、外しておく事になります。

早速ドライブに行きましたが、子供も新しいシートに満足していたようです。ただ今迄の様な両肩からベルトではなく、3点式の肩掛けのシートベルトなので違和感があるようで首のあたりを気にしていました。

皆さんの参考になればと思います。

送料無料 ジュニアプラス カラーズ グレコ GRACOジュニアシート チャイルドシート ハイバックシート

価格:5,480円
(2018/4/28 16:43時点)