子供に粉薬や抗生物質を飲ませる方法。アイス編。

子供に粉薬を飲ませるのは、どこのご家庭でも困っていると思います。

乳幼児期は水に溶かして、頬の内側に擦り付けたりできましたが

3歳、4歳となってくると、そうはいきません。

前回はチョコレートに混ぜて美味しく食べてもらいましたが、

気温も上がってくると、温めるのも面倒だよ。と思ってしまいます。

そこで、新たに実践した方法をご紹介したいと思います。

子供に粉薬を飲ませるのは、どこのご家庭でも困っていると思います。自分もそうでした。乳幼児期は水に溶かして、頬の内側に擦り付けたりできましたが...
スポンサーリンク

我が家で実践している方法をご紹介。

他にも実践してる方もいるとは思いますが

それは、アイスクリームに混ぜる。です。

チョコレートと違って温める必要も無いので

暑くなるこれからの時期にぴったりかと。

方法は至って簡単。

まずは普通のバニラアイスを用意します。

抗生物質がある場合は、チョコアイスの方が良いです。

酸味のあるアイスは試してませんが、苦みが発生するかもです。

粉薬1袋に対して小さじで1すくいぐらいで大丈夫です。

2袋ある時は2すくいです。

多少多くても大丈夫、子供は喜んで食べてくれます。

少し溶けた所でしっかり混ぜ合わせたら

すぐに食べさせてしまいます。

これは、子供のペースで食べさせると、のんびりしてしまい

溶け過ぎてしまうからです。

食後にさっと作って、ぱっと食べさせちゃう感じです。

注意点はチョコレートの時と同じく、毎回食べさせる前に作る。です。

薬なので混ぜた後の長期保存には向かないと思いますので

毎食事前に作りましょう。

子供にはまだアイスクリームはーと思う方もいると思いますが

ちゃんと歯を磨いてあげれば大丈夫ですし

食後のデザートとして食べてくれるので、粉薬を飲ませなきゃ…。

とストレスを抱えるよりも良いかと。

子供もストレスなく食べてくれるので、

嫌な思いをしなくて済むのかな。と思います。

各ご家庭の考え方はそれぞれです。

あくまで参考としてご一読頂ければと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする