つみたてNISAの現実。下落相場に耐えられない。

いや、ホントやばいですよ。

妻の名義でつみたてNISAを始めて2年ほど経ちますが利益が出ていたのは一時期だけで、ほとんどはマイナス。

そして今回の「新型コロナウイスルショック」で投資信託の基準価格も連日の下げ。

実際、東京オリンピック後には全体的に一段下がるイメージは持っていたのですが、ここまで下がるかー…。

しかも、この先の先行きも曇り空。浮上のきっかけも思い浮かびません。

金融庁のHPによると

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。
つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています

つみたてNISAが2018年1月にスタートして2年過ぎたトコですが、年間40万円、スタート時点から始めていると100万円ぐらいの投資額になっているでしょう。

実際つみたてNISAでプラスの人なんているんですかね?

つみたてNISAは長期投資だろーと分かっています、平均して取得単価が下がってくればーみたいな話もあります。

でも、自分は20年後まで耐えられそうにありません。(汗

つみたてNISAはこの8本から選びなさい

つみたてNISAはこの8本から選びなさい

中野晴啓
1,650円(11/29 19:59時点)
発売日: 2019/03/28
Amazonの情報を掲載しています