三角停止板の必要性。

皆さんは三角停止板の必要性を感じているでしょうか?

自分も最近まではまったく必要性を感じて無かったので

積んだ事も無いですし、購入した事もありませんでした。

そんな自分が三角停止板の購入に至った経緯は…。

スポンサーリンク

そんなの知らなかったでは済みません

三角停止板とは自動車の故障や事故の為に道路上に止まった際、

自動車の後方に設置するものです。

一般道路では標示義務は無く、高速道路では標示の義務があり

道路交通法で定められています。

高速道路で自動車を停止させるのは非常に危険です。

しかし、トラブルはいつ起きるか分かりません。

路側帯に停車していても、後ろから自動車がどんどん走ってきます。

三角停止板を表示して、後方から来る自動車に

注意を促し、事故を未然に防がなければなりません。

もし、高速道路でトラブルが発生したけど三角停止板もない。

そんな状況で警察車両が立ち寄った場合、状況にもよりますが、

故障車両表示義務違反になり反則金は普通自動車で6000円

違反点数は1点になります。

トラブルで困っている時に違反です。なんてなったら更に凹んでしまいます。

ちなみに三角停止板を積んでいなくても違反にはなりません。

設置しなければならない時に設置しなかった時に違反になります。

三角停止板はそんなに高い物ではありません。

高速道路を使用する人は積んでおいて損をする物ではないと思います。

自分はエーモン 三角停止板を購入しました。

値段も1000円以下で国家公安委員会認定品。

収納ケースもあり、コンパクトに収納できます。

少しでも、必要性を感じるなら、購入して間違いないと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする