パナソニック PANASONIC FE-KXP07-W ヒーターレス気化式加湿器 購入レビュー。

昨年までと言うか、昨シーズンまでアピックスの超音波式アロマ加湿器SHIZUKUを使用していたのですが、シーズン後半から容量不足を感じていて新しい加湿器を購入しようと探していましたが、残りのシーズンと価格を考えて諦めました。今シーズンは早めの導入で決定しました。

購入はおなじみヨドバシ.comさんで購入。他より割高かもしれませんが通常ポイントと別に2017年10月31日まで注文すると早期購入ポイントキャンペーンで3000ポイントプレゼントもやっていたので決めました。

象印 加湿器 スチーム式 EE-RL50-CAも検討しましたがスチーム式と言うコトで電気代も結構掛かるようですし、高温になるようなので小さな子供がいる場合はスチーム式は避けておいた方が安心かと。ちなみに今回購入したパナソニックFE-KXP07-Wでのメーカースペック表の電気代の目安は1ヶ月の電気代(1日8時間運転 単価27円/kwh税込)計算で

お急ぎ 約117円

強   約84円

中   約52円

弱   約36円

静か  約19円

となっており、お急ぎモードの1時間当たりでは約0.5円と言う経済性の高さが伺えます。

スポンサーリンク

メンテナンス性は重要です。

昨年まで使用していたアピックスの超音波式アロマ加湿器SHIZUKUはタンクの中が洗えないんですよね。そこは妻とも話していて、次回買う時はしっかり洗いたいぞ。と。

今回購入したパナソニックFE-KXP07-Wはタンクの容量も約4.2Lと大きく注水口も大きいので自分の手でも奥まで届き綺麗に洗えそうです。またトレーやフィルターのメンテナンスもバラバラになるので楽にできそうです。

側面のフィルターパネル部

パネルを外すとこんな感じ。

底面のトレーを引っ張り出します。ちなみに注水タンクを抜かないとトレーは外れて来ませんのでご注意を。

加湿フィルターを固定しているプラスチックを外すと

加湿フィルターはトレーにポンと乗っているだけなので

こんな感じでバラバラになるので、気になる部分がちゃんと洗えます。

また加湿フィルターは月1回水で押し洗いするだけ、しかも乾かさないでセットできるので(乾かしても結局水道水を吸いますから)じゃんじゃん洗えるかと。

背面パネルももちろん外れます。

正面の透明のアクリルパネルもちゃんと取り外して清掃もできるようになっているのはさすがです。

操作系はボタンも表示も大きめで分かりやすい部類かと思います。

チャイルドロックもあるので小さな子供がいる家庭でも安心して使えます。

加湿器は季節家電ですので生産数に限りがある場合もあります。購入を考えている方は早め早めに手を打っておかないと、在庫が無くなると意外と買えない。もしくは価格が高止まりする場合もあるのでお気を付けを。

楽天市場ですとイーベストさんが比較的お安く送料無料で購入できます。

後継機 パナソニック FE-KXR07-W(ミスティホワイト) 気化式加湿器 送料無料

DCモーター搭載の気化式加湿で、パワフルに加湿して電気代お得!ナノイー搭載でうるおいも清潔も!パナソニックの加湿機「FE-KXP07」「FE-KXP05]の商品情報です。