自動車事故の過失割合と自動車保険の不思議。

先日、走行中に横から飛び出してきたクルマにぶつけられた時に

思ったコトを書いておきたいと思います。

自分は片側2車線の道路の右車線を走っていました。

左車線は信号で渋滞気味です。

その車両の隙間から、女性の運転する車が右折しようと出てきて

自分のクルマを確認する事無く、ハイエースの横にぶつかってきました。

走行中なので、助手席のドアから後輪のフェンダー部まで

引きずって傷だらけです。

幸い、同乗していた妻と息子にケガはありませんでした。

警察を呼び現場検証の終了後、自走できたので、

そのまま一度帰宅し、自動車保険の代理店もやっている

クルマ屋さんに連絡しました。

ぶっちゃけ横にぶつけられたので、

相手方の100%過失と思ってましたが、

自分も動いていたと言うコトで、100%過失はないだろうと…。

実際、保険屋さん同士の話し合いでも、向こう側から

100%は無理との連絡が来ており、自分は10%負担となりました。

自分としては到底納得できませんが、折れるしかありませんでした。

100%の過失は後ろからぶつけられた時にしかならない

世の中のようです。

ただ普通に走っていて、横からぶつけられても過失は発生し

平穏な生活を砕いてくれます。

ホント当てられ損です。

スポンサーリンク

車両保険ってなんだよ。

修理する段階になり、修理代は80万円弱らしいのですが

自分も8万円も払うのー。もうアホですね。

ぶつけられて、代車で不便な生活してるにもかかわらず

お金も払わないといけないなんて、当たり屋よりひどいです。

これで相手方が謝罪にでもくるなら、諦めもつきますが

そんな人間じゃないよねー。(苦笑)

ハイエースを買った時に車対車の車両保険の入ってるよねーと

クルマ屋さんに相談したら、いま計算してるけど

保険使ったら損をするとかしないとか。

みなさんご存じとは思いますが、自動車保険は

生命保険と違って、何故か?保険を使うと翌年から

保険料が割増になるのですよ。

結局、保険屋さんの計算では、今回の支払いに保険を使うと

割増料金が現状に戻るまでに掛かる期間と金額を計算すると

保険を使わない方が良いと言ってきましたが、

何の為の保険なんだよ!と

保険屋さんに言ってもしょうがないのでなんですが

保険に入っているのに、保険使わない方が良いってどうなの?

確かに人身事故やこちらの過失が高い時は保険の使用になるけど

やっぱり割増になるしね。

でも、生命保険って違うじゃないですか?

同じ掛け捨ての保険でも、手術しました。入院しました。で

保険金が出るけど、その後、割増になりました。なんて

無いですよね。

結局、代車のレンタカー分の割引やなんやかんやで

自腹で6万円強の出費です。

もう普通に走ってただけで6万円も支払って

時間も取られ精神的にも苦痛を受けて最低の出来事でした。

少なくとも今回の件で、自動車保険の車両保険は辞めようと決意しました。

自動車保険も少し検討が必要かと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする