北海道大学の銀杏並木で行われた金葉祭(こんようさい)に行ってきたよ。

以前から銀杏並木が紅葉を迎える頃、妻と2人で行ったり、息子が生まれてからも毎年の様に北大の銀杏並木は訪れていましたが、初めて北大の金葉祭(こんようさい)のタイミングで行ってきたのでご報告がてら感想など。

今年、平成29年10月28日(土)29日(日)と開催され、特に29日(日)の10時~16時までは車両も通行止めとなり、子供連れでも安心して散策できます。夜は銀杏並木がライトアップされてとても素敵な景色が広がります。

ライトアップされた写真はスマートフォンで撮ったのですが、夜の撮影は難しくボケボケの写真ばかりだったので割愛させて頂きました。

スポンサーリンク

今年で6回目らしいです。

日曜日の10時頃に北大近くの有料駐車場に車を止めて徒歩で銀杏並木へ行くと沢山の人が秋の紅葉を楽しみ散策していました。並木沿いには落ちてきた銀杏の黄色ともみじの赤が道路一面に広がっています。散ってくる葉っぱを追いかける子供もたくさんいました。

そして綺麗で大きな葉を拾って数える息子。

散策途中には北大の学生主催の飲食屋台があり、焼いも、焼きそば、おしるこ、豚汁、わたがし、コーヒー、レモネードなど、十分すぎる内容で料金は募金制度と言うコトで、お気持ちなんでしょうけど適正価格を考えて募金させて頂きました。

焼いもはほくほくで甘くて美味しかったです。

息子もサイコーと語っています。

歩いているとこんなハートマークも出現。

他にも学生主体なので演奏が始まったり、落語が始まったりと各所で色々なイベントが繰り広げられいました。子供向けのイベントととして縁日で射的やヨーヨー釣り、科学実験や自然工作、昔の遊びコーナーもあり、学生お手製のスマートボールもあって息子も楽しんでいました。写真はすべり台ですが滑って落ち葉がぶわっとなる訳もなく、こんな感じでした。

その後は北大の構内ある大野池でカモをみて、学食でお昼を食べようと行くとイイ感じに混んでいましたが、牛トロ丼は美味しかったです。

お昼の後は中央食堂のとなりにある総合博物館(入場無料)で標本展示やはく製、宇宙、地球、科学、北海道大学で研究されているであろう内容の展示物を見学して帰り道、銀杏並木を散策しながら今日は曇ってたけど比較的気温も高く、過ごしやすい日曜日で良かったねーと語りながら帰宅の途へ。

毎年なんとなく暇な時に行っていましたが、今回初めて金葉祭の時に行って分かりました。はっきり言って金葉祭の時に行くべきですわ。来年のこの時期にまた開催される時はご報告したいと思います。

息子の戦利品です。何ができるのか?何もできないのかは内緒です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする